女性特有の悩み
女性特有の悩み

冷え

原因

  • 血行の流れが悪い(筋肉の衰え)
    こりなど筋肉が収縮していると心臓に血液を送り出すポンプの役目をしている血行が悪くなり、十分な酸素や栄養素を末端にまで行き渡らせる事が出来なくなります。
  • 食べ過ぎ
    動物性の食品や甘いもの、また、果物、生野菜、食品添加物の多く入ったものなどは、身体を「冷やす」ため、あまり、とらない方がいいです。 そして、これ以上に食事について気をつけなければいけないことは“食べ過ぎをしない”ということです。どんなによい食べ物であっても、身体にとって必要以上の量は負担(毒素)になってしまいます。この毒が内臓や血管などの壁に溜り、その結果血液の循環は悪くなり、「冷え」で血管が縮んだ時と同じ状態になってしまいます。
  • 感情の乱れ(自律神経)
    不規則な生活やストレスでなどにより体を活発に動かす交感神経と体をリラックスする副交感神経のバランスが崩れてしまう。
  • 環境の冷え
    1.冷蔵庫などによっていつでも冷たい飲食物がある。
    2.自動車の普及による運動不足で筋力が低下し血液が循環しない。
    3.女性はスカート等で下半身を冷やしやすい。

対策

  • 頭寒足熱
    冷えている足もとを温かくし、ほてっている上半身は涼しくしていくと、身体全体の血行が良くなり、内臓の働きも活発になってきます。

    頭寒足熱
  • 半身浴
    効果ある入浴法の基本は、いつも胸から下だけをお湯につけるようにするということで20〜30分ゆっくりと入っているのです。するとだんだん身体の芯から温まってきて、汗がでてきます。この方法だと湯冷めはしません。 慣れない人は、初めは上半身が寒いような気がしますが、まずはがまんしてしばらくつかっていてください。時々20〜30秒間だけ肩までつかるのはさしつかえありません。そのうち確実に、体の芯から温まって気持ちよくなってきます。必要ならば風呂場用のイスなどを湯船に入れておけば、胸から上を出したままの姿勢を楽に保つことができます。
ページトップへ

便秘

原因

  • 食事の量
    食事の量が少ないと大腸のぜんどう運動の働きが衰えてきます。そうなると便を押し出す力が弱まってくるので便秘がちになります。食事量が少ないと、食物繊維の取得量も減るのであわせてよくありません。
  • 食物繊維
    食物繊維が不足すると便が固くなり、便秘がちになります
  • 水分
    水分が不足すると便が固くなって便秘になりやすくなります。
  • 排便欲求の我慢
    通常直腸に便が達すると、その刺激で便意が起こるものですが、普段から我慢する習慣の人はしだいに直腸が刺激に慣れてしまい便意が薄れて、便秘がちになります。
  • ストレス
    腸のぜんどう運動は自律神経の副交感神経に左右されます。ストレスで自律神経が乱れると、ぜんどう運動も乱れ、便秘を引き起こします。
  • 不規則な生活
    不規則な生活は自律神経の乱れを引き起こしますので、便秘を誘発してしまいます。
  • 腹筋筋力の低下
    腸の働きは腹筋も大きくかかわっているので弱まると、直腸の働きまで低下してしまいます。

対策

  • 食物繊維を十分にとる
    生野菜というイメージがありますが、以外にも加熱した野菜の方が、繊維は多く摂れます。(ミネラルも)
  • しっかり水分を摂って運動しましょう
    腹筋などしっかりと肺やお腹を強化する事によって、腸の働きも活発になります。
  • 朝もしくは晩に排便の習慣をつける
    朝食の時が一番便意の起こりやすい時です。出来るだけこの時間に排便の習慣をつけましょう。

アロマ・呼吸法で対策

  • ストレスによる便秘
    ストレスで、自律神経の働きが崩れたとき
    ローマンカモミール、ラベンダー、ローズウッドなどリラックス効果のあるものを。
  • 便意の抑制によるもの
    便意を抑制したり、下剤の飲みすぎなど
    ローマンカモミール、ローズウッド、ネロリ、オレンジなど便意を促すものを。
  • 蠕動運動が弱い便秘
    冷え性や高齢者、腹筋が弱いなど、腸の便を押し出す力が弱いとき
    マジョラム、レモングラスなど腸の血行を促し、蠕動運動を助けるものを。

これらのオイルをキャリアオイルにいれて、時計回りに円を書くようにマッサージします。力を入れすぎないようにするのがポイント。そして、腹筋を鍛えることも大切です。でも、「腹筋を鍛えるのは面倒・・・」というかたは、1日5分程度で構わないので、腹式呼吸をしてください。かなりおなかを動かすので、便秘にとっても有効ですよ。

ヨガ体操

  • 仰向けに寝て足を上げ、足首を強く曲げてアキレス腱を伸ばします。その時手のひらは上向きにします。
  • 足先を右手のひらにぎりぎり近付けるように、足をゆっくり右に倒します。その時顔は左に向け、口から息をゆっくり吐きます。
  • 鼻から息を吸いながら、足と顔をゆっくり元の位置に戻します。
  • 今度は足を左に倒しながら、顔を右に向けて息を吐きます。息を吐く時にお腹がへこむようにしましょう。
  • 鼻から息を吸いながら、足と顔をゆっくり元の位置に戻します。一連の動作を15〜20往復繰り返します。
ページトップへ

外反母趾

原因

  • 外反母趾になりやすい開張足(かいちょうそく)の骨格を親から受け継ぐ場合
    開張足とは、土踏まず部分の縦アーチに対して、足裏の指の付け根部分の横アーチが平らになった状態をいいます。 子供たちの中にも外反母趾が見られるのは、もともと外反母趾を生じやすい足の骨格を持っているからだそうです。 しかし、外反母趾そのものは後天的なもので、これからの対応次第で正常に回復出来ます。
  • 先が細いハイヒールなどの靴を履くことよって外反母趾になる場合
    日本では下駄や草履を履いていた時代には、外反母趾が問題になることはありませんでした。このような履物の問題と同時に、アスファルトなど現代の床や地面がとても硬くなったことが、足へ悪影響を及ぼし、外反母趾を起こす原因のひとつだといわれています。
  • 足のアーチを保つ結合組織が女性ホルモンの関係で弱くなりその結果アーチが低くなって開張足となり、外反母趾を生じる場合
    外反母趾の男女の発生比率は1対10で圧倒的に女性が多いとされています。これは靴のせいだけではなく、女性ホルモンが関係しているようで、女性が初潮を迎える13〜14歳頃と、閉経を迎える40歳代後半から50歳代にかけてのこの2つの時期に外反母趾が非常に多く発生するといいます。
  • 慢性関節リウマチ、脳性小児マヒといった病気に伴って外反母趾が起こる場合
    外反母趾の原因には開張足が大きく関わっているのです。直接の原因は開張足によって親指側の中足骨(指の骨から甲部分の骨との間にある並列した5本の骨のこと)が内反(内側に曲がる)することと理解して下さい。

対策

  • 足の運動
    じゃんけんのパァーのように足の指を大きく広げる運動
    骨と骨との間の靭帯を強化し、横アーチを形成するのに有効な運動です。
    足の指でタオルなどをつまみ上げる運動
    つまみ上げる時に中足骨が丸い橋の形になって、足底にくぼみが出来る。これも横アーチの形成に有効です。この二つの運動を数分間でもいいから毎日続けるのです。
  • 歩き方を変える
    かかとからしっかり着地し、そのかかとに体重を乗せることで前足部への負担を軽くするのがポイントです。
  • 装具を使う
    足の横のアーチ形成を助ける中足骨パッドを靴に装着するのがいいです。ただし、信頼出来る補正技術を持った人に依頼することが大事です。 外反母趾の初期段階な、足の指の間にガーゼなどを挟む方法も良いでしょう。
  • 靴を変える
    これも非常に大切なことで、鼻緒のあるサンダルなどがいいのですが、仕事履きではそうもいかないでしょう。 そこで、母趾が外側に曲がらないような、出来るだけ内側にふくらんでいるような靴、ヒールの高さが3センチ以下の靴を選ぶことです。 ひも靴が基本で、靴を脱ぐときはひもをほどいてから脱いで、履くときはかかとをぴったりと合わせて、ひもをしっかり結びます。
  • 5本指ソックスを履くようにする
    また帰宅したら、マッサージを行ったり素足で過ごすなど1日働いた足を十分に労わることが大切です。
ページトップへ

むくみ

お勧めコース:健康デトックスオイルコース  ハンド&ショルダー整体コース  健康ボディケアコース

むくみ(浮腫)とは、血液中の水分が血管の外に出て、血管外皮下組織に水分が過剰にたまった状態を言います。 大きく、全身性のむくみと局所性のむくみに分けます。全身性浮腫には心臓性、腎性、肝臓性など、局所性浮腫には静脈性やリンパ性などがあります。 むくみをおこす最も主な病気は、心臓病と腎臓病です。そのため心臓病でおこるむくみを心臓性浮腫、腎臓病でおこるむくみを腎性浮腫といいます 女性は男性と比べると筋肉が少ないために静脈を流れる血液を心臓の方まで送り戻すポンプの作用が少ないのでむくみやすいのです。

むくみの症状
症状がおもくなると、体がだるい・吐き気・お腹が張るなどの症状が現れます。 口が渇き、排尿が遠くなります。人によっては、痛みを伴わない水下痢の症状があります。

原因

筋肉を使う
腰を温める
足を高くして寝る
自律神経のバランス回復
リンパ筋に向かうマッサージ
顔のむくみには冷水を使ったマッサージ
立っちぱなしの足のむくみにはヨーガを応用した体操など
半身浴でむくみをとる
利尿作用を高める
民間薬としては、バナバ、たんちく葉、緑茶、クマザサ、キササゲの果実、チガヤの根、トウモロコシのめしべ、アケビの蔓、スイカの果肉、アズキ(小豆)、マンネンタケ(霊芝)、ウツボグサ(夏枯草)、サルトリイバラの塊根などが用いられる。

対策

筋力アップ
下におりた血液を心臓に返すことが出来ます。かかとの上げ下げ運動やウォーキングが効果的です。
マッサージ
足先から太ももの付け根に向けて、全体に揉みあげると効果的です。血液の流れをよくしておきます。
保温
血管が収縮されます。保温して血行をよくすることが効果的です。
食べ物
塩分の強いものを食べるときは水分を控える。

ウォーキング